アドラー心理学入門

アドラー心理学入門という本を読んだ。
岸見さんという研究者の解釈が書き連ねられています。

読んだ感想としてはそりゃいい本です。
人間関係というのは年齢を問わずすべて対等で付き合うことの重要性を書いています。

といっても難しいですよね。
会社の上司とか学校の先生とか。

身分が高いと自分のことを思っている人多いですからね。
少なくとも自分はそうしてそうでない人には近づかないようにするしかないですね。

アドラー心理学入門の要約
・アドラーの人生
・放任ではない賞を与えない罰も与えない教育
・年齢を問わず対等な関係が健全。
・話し合いで解決する。他者のことを考えて行動する。
・原因論と目的論の話。
・すべての責任は自分にある。すべての選択は自分に委ねられている。
・他の人を気にしない。失敗を恐れない。自分のやりたいことをする。
・他の人の言動や行動の受け取り方はその人に委ねられている。
・楽観主義でできることから始めるのが大事。


アドラー心理学入門

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする