読書一覧

地頭 鍛える

地頭を鍛えるのが普段の生活には大事です。
地頭とは知識によらない考える能力です。

説明がわかりやすいとかも地頭がいい人の特徴になるかもしれませんね。
鍛えるというのも考えることでできそうな気もします。

この本でもどんなことに気をつけると鍛えられられるかが解説されています。
会社で上司や先輩とうまく行かなくて怒られる方。

自宅で旦那さんや奥さんによくキレられる方が読むのもいいですね。

いますぐ始める地頭力のまとめ
・恵まれた環境が考えない人を作る
・結論から考えるくせをつける
・全体から考えるくせをつける
・難しいことを単純にとらえるくせをつける
・フェルミ推定は地頭力を鍛えるのにはいい


地頭力


武田真由美 節約

武田真由美さんというと節約のカリスマです。
節約レシピから生活費の節約まで。

フィナンシャルプランナーの資格も持っているはず。
ブログも書いたりとかツイッターなどのフォロワーも多いそうです。

やはりいっぱい食べる子供がいると節約が大事。
厚揚げなど豆腐を多用しているというのはありますね。

そんな感じで本を購入しているのですがよく見たら出版年数古かったけど。

食費ひと月1万円からの貯まる!節約生活のまとめ
・節約の鍵は食費が握っている
・節約をしてお金を使いたいものの対象を考える
・何にお金を使っているか把握する
・買った食べ物は使い切る無駄なものは買わない
・お店の値段を把握するレシピを考えながら買い物する
・セット冷凍で食材の日持ちを伸ばす調理の手間を減らす
・冷蔵庫冷凍庫の食材を使いこなす発想が大事
・鍋やフライパンは同時調理がいい


武田真由美 本


時短料理レシピ

時短料理レシピがほしい人たくさんですよね。
昨今は共働きが多くてとにかく時間がない人がおおいですから。

人気のレシピ本を買うと見るだけで作れるのでいいですね。
テレビ番組をわざわざ手書きのメモで残すのも面倒です。

子供が喜ぶものを作りたい。
レンジを使ったりポリ袋レシピというのも参考になりますけど。

購入した本のまとめ
・買い物するときには3日程度先までメニューを決めておくといい。
・野菜は下処理が面倒なのでまとめてゆでておく
・野菜は旬の食材を魚は冷凍しないほうがいい
・薄切り肉は冷凍向きパックのままでもいい
・ヘラやスライサーもあるといい
・事前に下処理しておけば当日は時短になる


忙しい人の家族ごはん


黒川伊保子本

黒川伊保子本を読んだ。
妻のトリセツが大ベストセラーになっている。

それだけ妻の取り扱いで悩む人が多いのだろう。
ただ読んだのは妻のトリセツより前に出版された本。

こちらは男性脳の取り扱いも書いてある。
もともとAI関係の研究をしていて男女の脳の特徴を研究したそうだ。

参考にはなるが女性脳特有のひとには近づかないほうが平穏に暮らせそうだ。

キレる女懲りない男
・脳には性差がある。右脳と左脳をつなぐ脳梁が女性は太い
・女性は5感や観察力が強いが生理などでブレもある
・脳に苦手なことがあると別に才能を発揮できることも多い
・お互いに相手を不満に感じながら生活を楽しむのが理想の夫婦である
・暗記能力は年齢で衰える。経験からの判断力は年齢とともに熟成する。
女性脳は柔軟性が高いが思い込みも激しい
・女性の話はとにかくよく聞いてあげることが大事
・女性を傍らにおいているとメリットもある
・言ってくれればやったのには禁句
・過去の浮気を告白してはいけない
・過去を蒸し返されたらやさしくあやまる
・女性がキレだしたら理由を考えずとにかくあやまる
・結果がよかったことの過去のダメ出しはしない
・過去をねぎらう。期待をよせる。


キレる女懲りない男


バカと付き合うな 内容

バカと付き合うなにはいい内容も書いてある。
今までの著書とかぶるところもあるけど得られるものもあった。

結局は何冊読んでも行動しない人は行動しないらしい。
何冊も読んでまた同じことが書いてあるという。

それなら読むことは十分なので行動すればいいのだろう。
会社を辞めなくてもいいからできることはすると。

会社をやめたほうがはかどるのはありますけどね。
会社や国に文句をいっているだけでなくやれることはしたほうがいいのではないか。

・食べたいものを食べる。ストレスが一番の大敵。
・根拠がないのになんとなく諦めない
・とにかく行動することが大事
・ロジカルシンキングを突き詰めると勘が養われる
・自分が興味のある人とだけ付き合う
・自分の中に100人に一人の能力を増やす
・善意には思考停止が潜んでいることも多い
・やりたいことをやっていれば自然とふさわしい人が集まる
・無理に独立しない。組織と個人を自由に行き来する。
・正確に未来を予測することはできない


バカと付き合うな