会社一覧

地頭 鍛える

地頭を鍛えるのが普段の生活には大事です。
地頭とは知識によらない考える能力です。

説明がわかりやすいとかも地頭がいい人の特徴になるかもしれませんね。
鍛えるというのも考えることでできそうな気もします。

この本でもどんなことに気をつけると鍛えられられるかが解説されています。
会社で上司や先輩とうまく行かなくて怒られる方。

自宅で旦那さんや奥さんによくキレられる方が読むのもいいですね。

いますぐ始める地頭力のまとめ
・恵まれた環境が考えない人を作る
・結論から考えるくせをつける
・全体から考えるくせをつける
・難しいことを単純にとらえるくせをつける
・フェルミ推定は地頭力を鍛えるのにはいい


地頭力


バカと付き合うな 内容

バカと付き合うなにはいい内容も書いてある。
今までの著書とかぶるところもあるけど得られるものもあった。

結局は何冊読んでも行動しない人は行動しないらしい。
何冊も読んでまた同じことが書いてあるという。

それなら読むことは十分なので行動すればいいのだろう。
会社を辞めなくてもいいからできることはすると。

会社をやめたほうがはかどるのはありますけどね。
会社や国に文句をいっているだけでなくやれることはしたほうがいいのではないか。

・食べたいものを食べる。ストレスが一番の大敵。
・根拠がないのになんとなく諦めない
・とにかく行動することが大事
・ロジカルシンキングを突き詰めると勘が養われる
・自分が興味のある人とだけ付き合う
・自分の中に100人に一人の能力を増やす
・善意には思考停止が潜んでいることも多い
・やりたいことをやっていれば自然とふさわしい人が集まる
・無理に独立しない。組織と個人を自由に行き来する。
・正確に未来を予測することはできない


バカと付き合うな


アドラー心理学入門

アドラー心理学入門という本を読んだ。
岸見さんという研究者の解釈が書き連ねられています。

読んだ感想としてはそりゃいい本です。
人間関係というのは年齢を問わずすべて対等で付き合うことの重要性を書いています。

といっても難しいですよね。
会社の上司とか学校の先生とか。

身分が高いと自分のことを思っている人多いですからね。
少なくとも自分はそうしてそうでない人には近づかないようにするしかないですね。

アドラー心理学入門の要約
・アドラーの人生
・放任ではない賞を与えない罰も与えない教育
・年齢を問わず対等な関係が健全。
・話し合いで解決する。他者のことを考えて行動する。
・原因論と目的論の話。
・すべての責任は自分にある。すべての選択は自分に委ねられている。
・他の人を気にしない。失敗を恐れない。自分のやりたいことをする。
・他の人の言動や行動の受け取り方はその人に委ねられている。
・楽観主義でできることから始めるのが大事。


アドラー心理学入門


会社 辞めたい 限界

会社を辞めたい限界だと言う人は多いでしょう。
理由を言えない辞めれないという人も多いハズ。

それでも今それをしないと定年までずっと続きます。
新卒20代30代40代50代それぞれで残りの会社人生は違います。

どんな理由でやめたいとしてもそれは人間関係なのではと思うのです。
結局は上司と考えが違うのが不満なので。

本当に限界だと思う人は転職活動をするしかないです。
働かなくて収入がないと生活ができない人も多いでしょう。

今転職しないとそのぶんだけ限界だと感じる期間も長くなります。
自分の自由が尊重できるというとやはり給与のやすい仕事だと思います。

今より給与が安くなると時間や勤務地業務内容などは自由になります。
給与をとるか自分の人生を大事にするか考える機会が大事ですね。

それをするのが転職活動でそれをサポートするのが転職エージェントです。
今から動けばまだ4月1日に間に合う可能性も高いのではないでしょうか。


doda