睡眠一覧

スタンフォード式最高の睡眠

スタンフォード式最高の睡眠を読んだ。
睡眠負債ということばが流行った原著でまさに最強の睡眠本です。

疲労回復効果ももちろんありますけど。
呼吸を腹式呼吸にしていればよりリラックス効果も高まるようです。

スタンフォード式睡眠法を身に着けないと疲れない体にはなりにくいですね。
大事なのはやはり最低でも6時間は眠ること。

あとは最初の90分の睡眠の質をあげることですね。
できればいつも同じ時間に寝たほうがいいようですたとえ時間がなかったとしても。

スタンフォード式最高の睡眠のまとめ
・睡眠のサイクルは必ず90分サイクルでなくて個人差がある
・仕事がある場合は同じ時間に寝て早く起きるほうがまだいい
・脳が興奮状態だと体温が下がりにくく眠りにくい(スマホ操作や室内環境など)
・風呂や足湯で体温を上げると後に体温が下がって眠りやすい
・室温の調整も大事。枕は体型で合うものが違うので絶対はない。
・普段眠る直前は眠くなりにくいので早寝をするのは難しい
・目で光を浴びることで覚醒する。素足や手などの冷たい刺激も覚醒する。
・朝食を噛むことで体内時計のリセット効果がある
・朝は汗だくにならない。コーヒーも覚醒には良い
・夕食を抜いてお腹がすくと覚醒度があがる
・時差ボケにならないためには飛行機の中も現地時間で行動する
・眠気対策:話す、噛む、ホットコーヒー、パワーナップ


スタンフォード式最高の睡眠